パラソル!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 10話

<<   作成日時 : 2011/06/19 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついにあの花も10話です。

いつも通り箇条書きでさくっと感想書きます。


以下ネタバレありです。



































【10話】

・ゆきあつとつるこの制服冬服が凄く新鮮なんだが。



・つるこがクラスの子にゆきあつの女装癖ばらしちゃうなんてなあ!
つるこの独占欲か。
ゆきあつに手首を掴まれて「痛い」って言うけど、たぶん心も痛かったんだろうな…。


・めんまのかつらに愛おしそうに話しかけるゆきあつ、まじで変態!笑
かつらの扱い方、気持ちがこもりすぎだよ!


・めんまと一緒に決起集会の準備をするぽっぽ。
ぽっぽも小さい頃はちょっとしたコンプレックスがあったんだね。
リーダーやってみたい気持ちだってあるよね。


・めんまを成仏させる前夜。決起集会。
まさか「あの日」を再現させようとは。

あなるが震えた声で「ねぇじんたん、…めんまのこと、好きなの?」って言うところがリアルすぎる。
本当は聞くのが怖い気持ちが溢れすぎてた。

ぽっぽも「言え、言え、言え…」って乗っかるし。

じんたんは、やっぱりめんまのこと「好き」なんだよなあ。小声で「…好きだ」が格好良かった。

そいでぽろぽろと泣くめんまが…。嬉しいよね!好きな人に好きだって言われたら嬉しいよ!


・嬉しい人がいる反面、悲しい人もいるわけで。

あなるなんてぼろぼろ泣いて泣いて…。


「好きな人が振り向いてくれない悲しさを、つるこが分かるわけないじゃん!」

「分かるわよ。だって私はゆきあつが好きだったんだから」


やっばい、この2人切なすぎる…。


あなるがゆきあつとは付き合わないって言い切ったのは気持ちよかったわ。


そして失恋の気分を変えるために、つるこ髪切っちゃいましたね。


・ついに花火を上げる日がやってきた。

じんたんはめんまに成仏してほしくない。

だって好きだもん。ずっとずっとそばに居て欲しいよ。


それに対してどうしてもめんまに成仏してもらいたいゆきあつ。

花火の打ち上げを見に来ためんまの家族。

弟くん、お手伝いに来てくれてありがとう。

あんなにじんたん達を憎んでいたお母さんも、お父さんと車でかけつけてくれたね。



花火を打ち上げる直前の、無音でめんまが振り向くシーンから鳥肌が立った。

じんたんの思いもむなしく立派に打ち上がる花火。


それにも関わらず、まだいるめんま。


そりゃあゆきあつも取り乱すわ。



以上です!本当にラスト2分くらいは鳥肌が止まりませんでした!








私的にはやっぱりめんまには成仏してほしい。

それで他の5人&めんまのお母さんが一歩を踏み出せる感じで終わって欲しいなあなんて。



次回最終回!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 10話 パラソル!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる