パラソル!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 11話(最終話)

<<   作成日時 : 2011/06/26 12:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ついにあの花11話。完結ですね。

もう泣きました。ぽろぽろ泣きました。



以下ネタバレなのでスクロール。

いつも通り箇条書きです。見た人にしかわからないです。

ちょっと今回文体が熱入りすぎて物語りチックになってます。












































【11話(最終話)】

・やっぱりめんまは消えなくて。

・花火を「凄かった」と言ってくれるめんまの弟くんがよかった。



・夜の神社にみんなで集まる。

なんでめんまは成仏できなかったんだろう。



あなる「私たち、本当にめんまのこと考えてた!?」

「…私は自分のことしか考えてなかった! 自分のためにめんまを成仏させたかった!」



じんたん(…本当はめんまに消えて欲しくない。ずっと一緒にいたかった)

ゆきあつ「俺だってめんまが好きなのに、じんたんにだけめんまが見えてたのが耐えられなかった!」

あなる「めんまがいなくなれば、私がじんたんのそばに居られると思った。だけどじんたんが好きなのはめんま…」

つるこ「私がずっと憧れてたのはめんまじゃない。…あなる、あなたよ! めんまのかわりになるのは、あなるよ。
今も昔もゆきあつの理解者はあなたで、私が一番のゆきあつの理解者になれたけど、やっぱり…!」

ぽっぽ「俺、めんまが逝っちまうところ見てたんだよ! でも何もできなかった。 罪悪感からどこかに逃げだしたかった。 だから高校行かないで外国に行ったりしてさ! でもまたこの秘密基地に戻ってきちまうんだよ!」

「めんまを成仏させてやらなきゃ、めんまは俺を許してくれないんだよ!」


(ちょ、あなる、つるこの「ゆきあつが好き」って気持ち言っちゃうんかい!)


みんな泣くよね。こんなに心情の吐露があるとは思わなかった。



・ちょ、あなるつけまつげがwwww


・自宅にいるめんまを迎えにいくじんたん。

でももうタイムリミットが近づいていて、めんまはぐったりしていた。


めんまのお願いは、「じんたんを泣かせてあげること」。

じんたんの母は、もっとじんたんに笑ったり怒ったり、泣いたりしてほしかった。

その願いを知っためんまは、じんたんのお母さんの代わりにじんたんを泣かせたいと思った。


昔、じんたん以外のみんなにかけた電話は、「じんたんを泣かせるため」




・秘密基地についたとき、じんたんにもめんまは見えなくなっていた。

めんま「っ…かくれんぼだよ」

みんなでめんまを探しに行く。

「めんまあぁあ!」

「…まーだだよぉ…。もう少しだけ…」




・めんまは頑張って頑張って、みんなにお別れの手紙を書く。


・朝日が昇り始めているのに、めんまはみつからない。

そんなとき5人が一本の木のそばで見つけた物。それはめんまからの、お別れの手紙だった。


*つるこへ
「やさしいつるこが だいすきです」

*ゆきあつへ
「がんばりやさんの ゆきあつが だいすきです」

*ぽっぽへ
「おもしろいぽっぽが だいすきです」

*あなるへ
「しっかりもののあなるが だいすきです」

*じんたんへ
「じんたんだいすきです。
じんたんへのだいすきは、じんたんのおよめさんになりたいっていう そういうだいすきです」



「…なんだよめんま、かくれんぼなんだろ? だったら、お前を見つけなきゃ終われないだろ!?」


「もう一回…! もういっかい…! もう、いっかい…!!」

「もういいよー!」


見えた。じんたんだけじゃなくて、5人全員にめんまが見えた。



ぽっぽ「手紙読んだぞ!俺も大好きだぜ、めんま!」

つるこ「私も大好きよっ!」

あなる「あたしもだいすき!」

ゆきあつ「俺ももちろん大好きだ!」



じんたん「願い叶えてくれてありがとな、大好きだ」



めんまには懐かしい記憶が見えた。小さい頃のみんなが。


「っ、めんまね、もっとみんなと一緒にいたい! だからね生まれ変わり、する!」

お別れ、したからね。かくれんぼももうおしまいだ。




せーの!

「めんま、みぃーつけた!」



「……てへへ、見つかっちゃった」



そう言って、最後までめんまは笑っていたのだ。





・めんまはいなくなってしまったけれど、超平和バスターズの5人は、また歩き始めることができました。

じんたんは高校に通うようになった。

あなるもちゃんと友達と学校に通っている。

ぽっぽは高卒認定の試験を受けるために、バイトの合間に勉強中。

ゆきあつとつるこは、相変わらずの距離感を保っている。

ちなみにつるこの前髪には、あの花のヘアピンがついている。


そして5人で秘密基地に集まることだってあるんだ。


みんな大人になっていく。


めんまバイバイ。















・ついにあの花も完結ですね〜(T-T)

もうみんなが手紙を読む場面で私ぼろぼろ泣きました。

本当に本当にお別れなんだなって思って。



みんな過去にとらわれていて、めんまとお別れができて少しプラスの方向に転換できたのかな?

でもずっとこれからも、切ない気持ちを抱えていくんだと思う。



忘れていた懐かしい記憶を思い出させてくれてありがとう。

そんな気持ちでいっぱいです。




・あと、初めて1つのアニメに全話の感想を書くことができました!

途中でくじけそうになったけど、今はちゃんと書き上げることができてよかったと思ってる。


あの花の感想だけのテーマをつけようと思ってます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 11話(最終話) パラソル!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる