パラソル!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】恋愛をしたら、誰だって心の中は嵐だ!/楽園 Le Paradis Vol.9

<<   作成日時 : 2012/07/08 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・毎回買っている楽園 Le Paradis

今号は読み終わった後に「凄くよかったなー」と思いました。

共感するっていうか…。「こういう感情わかるわかる!」っていう。


楽園は繊細な内面描写の作品が多くて、読んでいてついついいろいろな感情を引きずり出されてしまいます。

今回は、なんだか泣きそうになるのをこらえて読んでいる自分がいて。

読み終わった後に「やばい、頭くらくらする…。窒息しそう」って独り言言ってました←

泣くのをこらえて我慢してると、息苦しくなりませんか?

こういう酸欠状態ってなかなか快感なんですよね。キスしてるときみたいな?

というわけで、なかなか官能的な読書タイムをありがとう楽園さん←



どの作品も好きなんですが、今回特に惹かれたものだけピックアップして感想をば!

マンガを読む醍醐味ってなんでしょう。私は作品を通して自分の体験や感情を思い出すことかなーと思います。





・14歳の恋/水谷フーカ

「2年B組の田中彼方と吉川和樹は大人っぽい そんな彼らは頼れる存在であり クラスの厄介事にも巻き込まれやすい 非常に とても」


フォークダンスの授業の度に、険悪になる女子と男子の仲。

男子と女子の代表な、和樹と彼方が仲裁すればいいんじゃない?って二人は結託するのですが…。

いざ喧嘩になったら、なぜかかみ合わない。

二人とも実際に言っている言葉と心の中の声がちぐはぐで。




(えっ?和樹味方してくれるんじゃないの?)「男子が女子をこけさせて何とも思わないの?」

「いや、そういう問題じゃなくて」(丸く収めるんじゃないのかよ なんで俺に振るんだよ)




もう読んでる自分からしても、「なんでこうなっちゃうのー!?」って感じでした汗


その後もなぜかなぜかすれ違って、「仲直りできるのかな?」って二人で不安になっちゃうんですよね。



あと、和樹とロミオとジュリエットを踊っている夢を見て赤くなってる彼方がかわいい!


今回の14歳の恋は2本立てで、もう一本もめちゃくちゃいい!!

クラスの志木さんっていう女の子がメインのお話。彼方を目の前にして14歳の心の中は大荒れで。




「ああ田中さん 田中さんはどうして 女の子なのですか」

「だっだめだ田中さんは 女の子じゃないと…!」

「じゃあ私が 男だったらよかった?」

「だめだ男だったら 絶対に話しかけたりできない!」

「そっか 女の子同士でよかったんだ」




ああ、女の子同士でよかったんだって思うところが可愛いなー。

奪っちゃえ。和樹から彼方奪っちゃえ笑←




・コレクターズ/西UKO

デコボコケンカップルがラブい。

本が好きな忍と服が好きな貴子。好みも性格も正反対で言い争いも多々。

でもお互い大好きなんだよねー。

「貴子を見てると思うんだ 花はペンよりも強いかも知れないって」

お幸せに!




・お前は俺を殺す気か/シギサワカヤ

今回は随分ギャグちっく。この姉妹、雰囲気とか性格とか異様。仕事場もTHE 殺伐ですし笑

雨音のツンとしたところが好きです。あと姉より常識人なところとか。

雪江ってお酒飲むと性格かわっちゃうんだ…。うわあ…。

私百合は全然大丈夫なんですけど、姉妹が裸で絡まるのはちょっと苦手です汗

近親相姦な上に、やけにこのシーンが生生しいんですよ。


あとshit=クソ野郎のところで吹きましたww





「…じゃあ…何で俺と」

「―――…死んでも言いたくないです。」

---この女への興味が 尽きそうにない




このシーンが個人的にクライマックス。




・〜からの日曜日/中村明日美子

「いいオトナが振り回されるのが恋。ましてや中学生には大問題ですよ。」

このキャッチコピーがね!いいよね!ホント、恋には散々振り回されますから。


「彼女まであと数歩 風にひらめくセーラーカラーを目で追いながら 僕はずっと 彼女と手をつなぎたいと思っている」

こんな夢を見ちゃって、少しアコを意識するおじさん。ずっとアコの片想いだったんだけど、こう、ちょっと気持ちが向く瞬間って嬉しいですよね。

告白されてから小平も気になるけれど、それでも今はまだこのおじさんに惹かれていて…。




―――彼にはすごく惹かれるけど でも 今はまだ




はー、板ばさみなアコが可愛い……。

実際こういう感情の揺れってありますよね。凄い共感しました!




・彼女達の最終定理/大月悠裕子

大月さんやけにエロい絵を描かれますね。パンツの絵がすげー生々しい!




「私の……見たくせに………!」


「……ああ そういえば 見たかも スゲエお子様なパンツ ……興味なさすぎて

「忘れてたわ 悪い」




ちょっと灰沢くんが酷い…。息を飲む黒羽ちゃん。

「あれ?何で泣くの なあ 黒羽さーん?」

この灰沢の意地悪な顔やばい、鋭い。


話がめちゃくちゃ衝撃的でした!まさかクラスのマドンナとやっちゃってるところを先生が見てるなんてねぇ…。

黒羽→灰沢→←先生の三角関係で、灰沢が黒羽と遊んでるときに先生が…。

しかも灰沢くんは見られていることに気づいてて、ちょっと後悔?言いわけ?

「バカ こっち見んなよ ……仕方ねェだろ あいつと会えなかったんだから」


つか今回は、3人が3人痛い思いしちゃいましたね汗

遊ばれる黒羽、先生にその現場を見られちゃう灰沢、裏切られた先生。

どうなっちゃうのかなー。




・曙くんと曙さん/売野機子

「俺を好きにならないなんておかしいだろ!」

そんな思春期男子の心の声。自分がイケメンでモテるなら尚のこと。

全然自分になびかない美名子に振り回されまくりのルイ。

しかも振り回されてるってのに自覚してないのが可愛いんですよねー。


美名子の彼氏はデブで、自分もデブになれば美名子は振り向くだろうと思うんだけど…。

美名子は彼の「たれ目」なところが好きなわけで。ルイくんの努力はむなしく…。

こういう勘違いとか、相手に振り回されるところとか、恋愛の醍醐味ですよねぇ笑




・真昼の果て/仙石寛子

個人的に楽園のダークホース。

男2、女1の幼馴染3人組の恋模様。

文貴と律は付き合っているんだけど、秋彦も文貴のことが好きで。

文貴と律は男と女だけど、秋彦と文貴だと男と男で。



今回凄くえぐられた台詞がありましてね…。




「…恋愛は不思議だ 好きだと思う 好きだから好かれたいから 優しくして大事にして 一番近くにいたい」

「…でも叶わないなら 捨ててしまいたい全部




なんだか凄い心が震えたというか。特に「捨ててしまいたい全部」のところ。

感情は時間の経過で変わるから忘れてしまうんだけど、きっと私もこういうこと考えたことあるんだろうな。

ていうかしょっちゅう考えてるかもしれません笑

無意識に自分の感情を引きずり出される。




あのですね。そもそもこの「真昼の果て」、第一話から何かおかしかったんですよ。

文貴と秋彦は球場に遊びにいく約束をしていて、その直前に秋彦が文貴に告白。

そして気まずいまま1日一緒にすごします。


んでもって最後の文貴のモノローグが。

「どうしよう そうだ俺は好きだって言われて すごく嫌だったんだ

…これ読んだ瞬間「!?!?」ってなりましたよ。こんな物語の始まりある!?


一般的に告白されたらドキドキしたりわくわくしながら始まるじゃないですか。

それが「すごく嫌だったんだ」って…。

当初、読んだ後のBAD END感ハンパなかったですよ。






・ワタクシ、シギサワさんの絵とデザインが好きです。

どんなにかさばって場所をとろうと、楽園捨てられません´・ω・`

複数の作家の競作っていう良さもありますからねー。やっぱりアンソロジーとして読むのとコミックス買って読むのとは、ちょっと違う。




・楽園って毎号表紙に短い文が載ってるじゃないですか。今回のもドキドキさせられます。

---夏の誘惑。冷えたカラダの甘い肌。



楽園 Le Paradis 第9号
白泉社
シギサワ カヤ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 楽園 Le Paradis 第9号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





明るくてドキドキして、きゅんきゅんするような恋愛も楽しい。

一方でこういう感傷的でひとりでもんもんとしちゃう恋愛だってよいものですよ。

なにより、カラっとした恋愛より官能的で気持ちいい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】恋愛をしたら、誰だって心の中は嵐だ!/楽園 Le Paradis Vol.9 パラソル!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる