アクセスカウンタ

<<  2012年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


【雑記】"ハイブリッドアルバム"は音楽シーンに広がるか。

2012/06/24 00:41
・こんにちは。感傷ベクトルさんの「シアロア」がフルアルバムで発売されるそうですね。

毎月マンガ1本と音楽1曲を発表して、1年かかってついに「シアロア」がフィナーレを迎えました。


私もゆるーく毎月追っかけてました笑

茶太さんのnoneで感傷ベクトルの存在を知ってましたし。

そしてメジャーデビューもされるんですね、おめでとうございます!


はてさて、今回発売される「シアロア」はハイブリッドアルバム。


アルバムとコミックスは別売りですが、「CD+DVD+コミックス」で「シアロア」という作品の完成、と解釈していいんですよね?


これ初回盤欲しいなー。シアロアのOPムービー、Voltage of Imaginationが関わってるし。





・「ハイブリッドアルバム」という言葉を聞くのはこれが2度目です。

1度目は星海のアーキペラゴ。(当ブログで感想あります


音楽のジャンルで販売するんだけど、実際には「CD+小説」とか「CD+コミック」とか…。

さまざまな手段を使って一つの作品世界を表現しようとする試みは、大変面白いなーと思います。

感傷ベクトルもVOIも、個人的には同人音楽とメジャーの中間に存在しているイメージで。グレーゾーンにいる感じ。

この「ハイブリッド・アルバム」というアプローチは、これからもっと広がっていきそうだなーと感じています。


メジャーでもやってるバンドありますよね。

確か「SEKAI NO OWARI」の「眠り姫」とか。

私は持っていないんですが、初回盤に絵本がついているとか。



眠り姫(初回限定盤A)
トイズファクトリー
2012-05-30
SEKAI NO OWARI

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 眠り姫(初回限定盤A) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




・空想活劇REALiZE第二弾、Tachyon(タキオン)もハイブリッドアルバムの形態でくるんじゃないかな。


「近年はCDが売れない」って言われる中で、特典をつけて売ろうとしてメジャーのアーティスト多いですね。

(アーティストっていうかアイドルっていうか…)


そんな中真剣にCD+小説とか、CD+コミックとか。

小説やコミックがおまけ特典じゃなくて、「作品の一部だ」って発表するのが凄いよなー。

ホントに手がかかってるというか。作品づくりに対して根性ありますね…。


もちろん感傷ベクトルのシアロアも、mamenoiのTachyonも楽しみ。


一方で、これから「ハイブリッドアルバム」という作品形態が音楽シーンで広まるのかどうかっていうのも、個人的に興味があります。

なかなか新しいアイデアだなー、面白いなーと思ってるので。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【感想】だからたくさんの「初めて」にどうか負けないで/リリーシングシーケンス

2012/06/13 00:49
・CLOCK MUSICさんのリリーシングシーケンスがめたんこ好きです。



発売から1年以上経つんですが、やっと、この曲について感想が書けそうな気がして。

……感想というか気付いたことをぐだぐだ書き殴っただけになってしまいましたが←


あとPVでフルコーラス聴けるのが嬉しい。







●潜水艇に感じる"父性像"

リリーシングシーケンスの歌詞に出てくる登場人物は、「潜水艇」と「私」。

初めてこの曲を聴いた時から、私は潜水艇に強い「父性」を感じていました。


なので、「父性」という切り口からこの歌詞を解釈してみたいのです。


こうぱっと聴いた感じ、「父」と「娘」のことが比喩されてるのかな…なんて。



・というか、そもそもタイトルの「リリーシングシーケンス」ってなんだろう?

「Releasing Sequence」、私は「解放順序」って訳してしまったのですが…。

めちゃくちゃ翻訳ロボットみたいな訳汗

でもここからイメージをふくらませてみようかな。

解放順序。いったい何を「解放」するんだろう…。


私はここで、最初に書いた「父」と「娘」のイメージをぶっこんでみました。

「父が娘を解放する順序」→「父が娘を父子(母子)分離させる過程」って解釈してみたんですけど、どうですかね。

ちょっとこじつけ臭いかしら。でも「父子(母子)分離」のイメージは歌詞から感じ取れる気がします。



ただ、父子(母子)分離って2・3歳のときにおこるんですよね。この歌詞だと、「私」はもうちょっと大人っぽいカンジがするからなあ…。



・1番と2番の時系列が逆ですよね?

2番Bメロ
そろそろ 僕に残されたエネルギーは 切れてしまうから
この先はカプセルの浮力を頼りにして 君独りで行くんだ

1番サビ
赤い警告サインに気をとられている内に 脱出カプセルに君を押し込めるよ
バラスト制御を乱して よろめいている隙をついて
住み慣れた場所を切り離した 何か言われる前に

1番Aメロ
もうだいぶ深く降りてきたから じきに僕の身体は鉄屑になるだろう


(1番のサビとAメロの順序も変えてみました)


そして3番で、「潜水艇」が鉄くずになったあとの未来が語られます。
「私」の未来なんですが…。

3番Aメロ
あなたの知らなかったことが 太陽のほかにももうひとつあったよ
私の海の底で鉄屑になったあなたに 伝える術もないけど

(ところで"私"の海の底ってどういう意味だろう…。"私"の?)


・父は娘を残して死んでしまったようにもとれる。

2番の「元気でいて」「元気でいて」とか。

3番の「心臓の鼓動が終わって またこの場所に還る日まで 海に溶けたあなたに私を覚えていてほしい」とか。



・というかここまでぐだぐだ書いたんですけど、この父と娘のやりとりにぐっときちゃうんですよねぇ。

2番のサビでめちゃくちゃ盛り上がるじゃないですか。そこで、

「どんな初恋が待っているかな 保証するよ 君は幸せにやっていける

だからたくさんの「初めて」にどうか負けないで」

こんなこと、父に言われたら、すごくじーんとしませんか?

「私ってすっげぇ父に愛されてたんだなあ」、みたいな。


一方3番で

「この先私は遅めの初恋なんかして そのうち誰かと幸せになるらしい

そう言っていた私だけの潜水艇に ずっと恋をしていたのに」

これ世のお父様方、娘に言われたらどう思いますか←

ちょっとファザコンがすぎる気もするんですが、なかなかクるものがあったというか…。




・最後に。


この歌詞の中で一番好きなフレーズは、タイトルにも書きましたが、

"だからたくさんの「初めて」にどうか負けないで"


凄く力強く背中を押してくれるフレーズ。


リリーシングシーケンス大好きです。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


【雑記】minoriさん新作…?/The brave under the summer sky.

2012/06/02 18:57
さっきたまたまminoriの公式に行ったら新しいシルエットが…。





The brave under the summer sky.



こりゃあ新作ですよね…。

でもゲーム…か?


だってメインはすぴぱらですよね?まだすぴぱら続編がリリースされるでしょうし。

eden*のような中編作品とも考えにくいのですが…。



むふふ〜でもシルエットが爽やかでかっこいい!

気に入っちゃったので貼ってみました。


"The brave under the summer sky."ってタイトルなのかなあ。

---夏空の下の勇敢な少女たち。


Twitterのアカウントが@perseusthebraveなのですが…。

"ペルセウス"ってメデューサを退治し、アンドロメダを海の怪物から救った英雄ですよ。



爽やかで、ちょっと熱い青春モノの予感ワクテカ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2012年6月のブログ記事  >> 

トップへ

パラソル! 2012年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる