パラソル!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】だからたくさんの「初めて」にどうか負けないで/リリーシングシーケンス

<<   作成日時 : 2012/06/13 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

・CLOCK MUSICさんのリリーシングシーケンスがめたんこ好きです。



発売から1年以上経つんですが、やっと、この曲について感想が書けそうな気がして。

……感想というか気付いたことをぐだぐだ書き殴っただけになってしまいましたが←


あとPVでフルコーラス聴けるのが嬉しい。







●潜水艇に感じる"父性像"

リリーシングシーケンスの歌詞に出てくる登場人物は、「潜水艇」と「私」。

初めてこの曲を聴いた時から、私は潜水艇に強い「父性」を感じていました。


なので、「父性」という切り口からこの歌詞を解釈してみたいのです。


こうぱっと聴いた感じ、「父」と「娘」のことが比喩されてるのかな…なんて。



・というか、そもそもタイトルの「リリーシングシーケンス」ってなんだろう?

「Releasing Sequence」、私は「解放順序」って訳してしまったのですが…。

めちゃくちゃ翻訳ロボットみたいな訳汗

でもここからイメージをふくらませてみようかな。

解放順序。いったい何を「解放」するんだろう…。


私はここで、最初に書いた「父」と「娘」のイメージをぶっこんでみました。

「父が娘を解放する順序」→「父が娘を父子(母子)分離させる過程」って解釈してみたんですけど、どうですかね。

ちょっとこじつけ臭いかしら。でも「父子(母子)分離」のイメージは歌詞から感じ取れる気がします。



ただ、父子(母子)分離って2・3歳のときにおこるんですよね。この歌詞だと、「私」はもうちょっと大人っぽいカンジがするからなあ…。



・1番と2番の時系列が逆ですよね?

2番Bメロ
そろそろ 僕に残されたエネルギーは 切れてしまうから
この先はカプセルの浮力を頼りにして 君独りで行くんだ

1番サビ
赤い警告サインに気をとられている内に 脱出カプセルに君を押し込めるよ
バラスト制御を乱して よろめいている隙をついて
住み慣れた場所を切り離した 何か言われる前に

1番Aメロ
もうだいぶ深く降りてきたから じきに僕の身体は鉄屑になるだろう


(1番のサビとAメロの順序も変えてみました)


そして3番で、「潜水艇」が鉄くずになったあとの未来が語られます。
「私」の未来なんですが…。

3番Aメロ
あなたの知らなかったことが 太陽のほかにももうひとつあったよ
私の海の底で鉄屑になったあなたに 伝える術もないけど

(ところで"私"の海の底ってどういう意味だろう…。"私"の?)


・父は娘を残して死んでしまったようにもとれる。

2番の「元気でいて」「元気でいて」とか。

3番の「心臓の鼓動が終わって またこの場所に還る日まで 海に溶けたあなたに私を覚えていてほしい」とか。



・というかここまでぐだぐだ書いたんですけど、この父と娘のやりとりにぐっときちゃうんですよねぇ。

2番のサビでめちゃくちゃ盛り上がるじゃないですか。そこで、

「どんな初恋が待っているかな 保証するよ 君は幸せにやっていける

だからたくさんの「初めて」にどうか負けないで」

こんなこと、父に言われたら、すごくじーんとしませんか?

「私ってすっげぇ父に愛されてたんだなあ」、みたいな。


一方3番で

「この先私は遅めの初恋なんかして そのうち誰かと幸せになるらしい

そう言っていた私だけの潜水艇に ずっと恋をしていたのに」

これ世のお父様方、娘に言われたらどう思いますか←

ちょっとファザコンがすぎる気もするんですが、なかなかクるものがあったというか…。




・最後に。


この歌詞の中で一番好きなフレーズは、タイトルにも書きましたが、

"だからたくさんの「初めて」にどうか負けないで"


凄く力強く背中を押してくれるフレーズ。


リリーシングシーケンス大好きです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
リリーシングシーケンスで検索してこのブログにたどり着いたのですが、父性!なるほど!とても興味深いです!
ちなみに自分は逆に、この詩に母性を感じて聴いています。releasing sequence=出産の旋律ではないかな、と思っているんです。
以下にそう思ってる理由を書きますね。

潜水艇は形状的な連想ですが子宮にあたるのかなと。「海」は羊水ですね。
すると母親の中から生まれ出る=太陽を知ること、というふうにつながってくるし、
そしてそして一番大事な、「僕」は胎盤ではないかなと思います。出産にともなって胎盤は赤ちゃんから切り離されますからね。
「深く降りてきた」のは...赤ちゃんがまさに生まれ出ようとしている瞬間のことを歌ってるのではないかな?と思います。
そういった意味でこの曲にはとても母性を感じるのです。

コメント欄で長々と書くのもアレなのでほかは省略しますが、そんな感じで解釈を進めてゆくとなんだか辻褄が合うような気がしてきます!
とはいえ、当然歌詞の解釈なんて聴き手が100人いれば100通りの正解があるものでしょうが。

うーん、リリーシングシーケンス、素敵な楽曲ですね!
pekat
2012/08/01 16:14
pekatさんコメントありがとうございます。
物凄く興味深く考察読ませていただきました!

まさか出産の歌詞という読み方をなさるとは…。自分には全然なかった発想でした。
個人的に疑問に思っていた「私の海」というのも「羊水」だと考えると、辻褄が合いますね…。
私は「僕」に人間的なものを感じていたので、胎盤というのは考えもしなかったです。
もし胎盤だとしたら、それを擬人法で描かれるnkさんも凄いなーと思ってしまいました笑

本当に目からうろこで、コメントを読んでいてとても面白かったです!


発売から1年以上経つにも関わらず、こうやって感想を書くやつがいたり、感想を検索する人がいるってことは、それだけ楽曲が愛されてるんだなーと思いました´ω`

"リリーシングシーケンスは素敵な楽曲"まったくもって同意です!
しーた
2012/08/02 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】だからたくさんの「初めて」にどうか負けないで/リリーシングシーケンス パラソル!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる