パラソル!

アクセスカウンタ

zoom RSS 感想)新藤景 (PS2) ef - a fairy tale of the two.

<<   作成日時 : 2010/06/25 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!

PS2版 ef - a fairy tale of the two.

Chapter2: Kei Shindou


The flower bloom in the night sky.



第一章から数か月後の夏。
ある日、広野紘の親友であり、映研部員である堤京介は体育館でとある少女を見つけた。
それはかつて広野紘への恋が叶わなかった新藤景だった。

景のシュート姿を見て、彼女の映画を撮影することを決める京介。


失恋とバスケ部の退部を引きずっている景は、京介と関わっていく中で前向きになっていく。



今回印象的だったのシーンは、「虚構は現実に干渉できない」。
中盤で何回も京介が思っていたことなんだけど、いくらビデオカメラを通して景を追ってもそこには壁があるんだよね。
景を好きになって、カメラ越しでは景に関わることができないことを知る。

映画の世界はあくまで虚構で、人に夢を見せることはできるけど現実の実際問題には太刀打ちできない。

でも京介は「自分から映画をとったら自分じゃない」っていうくらい映画一直線な人間だった。
だから京介は映画に全力投球していた思いを、少しでも景に傾けることに抵抗があって葛藤する。
今までも京介は何人もの人と付き合ってきたけど、いつも映画が一番でどの彼女も本気で好きになったことはなかった。
だからこそ別れてもなにも感じることはなかった。辛いことも悲しいこともなかった。

そんな彼に雨宮優子は言う。

「人の心は夢だけでは満たされませんよ」

そして京介は夢だけではなく景にも気持ちを傾けてもいいんだということを知って、現実にも目を向けることを決意する。




なんていうか、第二章アニメではしょられたじゃない。
だからめちゃくちゃ期待してたんですよ。

でも、なんていうか景ちゃんが全然可愛くない(泣

シナリオも第一章と同様に最初の3時間がとにかく眠い。
ひたすら景ちゃんと京介のギャグ。
なんかみやこは切り返しがうまいからおもしろかったけど、景ちゃんの場合は京介に生真面目にツっこみ返すだけだからイマイチなぁ…
ただの短気で怒りっぽい人っていう印象。


あと私は後半からちょいちょい景ちゃんの弱いところが出てくると思ったんですよ。
実際ふたを開けてみると、妹の千尋への依存、兄貴分の紘への依存、そして恋人の京介への依存…

景ちゃんのダメな部分が前面に出ちゃってるんですよ。


私はしっかり者なんだけど、実際は結構弱い部分があるんだよーみたいなツンデレが好きだから、正直景ちゃんは微妙。(私はアマガミの絢辻さんが大好き!)

確かに景ちゃんもバスケ部で一年ながらレギュラーとったり、紘の世話をしたりしてたんだけどさぁ…

後半になると誰かがさみしさを埋めて支えてあげないと!な弱い景ちゃんを前面に感じちゃったんだよね。

人によってはかなり庇護欲にかられるんかやー?

私はこういうのあんまり好きじゃないんだよね…
強い人が実は弱いっていうギャップはいい。
でも景ちゃんは最初から弱いだけで、ギャップをあんまり感じなかった。
弱い犬ほどよく吠えるっていうことわざそっくり。

ツンデレじゃないんじゃない?って私は感じた。



とにかくこのシナリオじゃあ景ちゃんの人気が出ないのはしょうがないよ。
アニメではかなり景ちゃんはいいキャラに描かれているけど、ゲームは微妙。
本当に可愛げを感じなかった。


でも、花火のシーンでふっと入る新規CGは最高に気に入った!
演出と相まってかなりいいかんじでした。


もう景ちゃんのデレはファンディスクに期待するしかないね!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
感想)新藤景 (PS2) ef - a fairy tale of the two. パラソル!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる